帯広第二ひまわり幼稚園
通信ゆりかご

お箸が持てるって・・・・

私たちが食事に使うお箸のことについて触れてみます。

「子どもがスプーンやフォークからお箸に移行する時って、いつ頃がいいのかなぁ」

と考えたことありませんか?

子どもが、お箸を持つことは難しいことです。

簡単に言えば、体の筋肉がしっかりしないとお箸をうまく持つことができません。

そして、体の筋力と共に指先の機能が使えるようになったとき、子どもはお箸を上手に持つことができます。 

このことはスプーンやフォークを持つことにも同じ理由が大切なことです。

まず、スプーンやフォークをしっかり持てるようにしましょう。

スプーンやフォークがしっかり持てるようになるためには・・・・・

◎腕がしっかり上がるようにならなければなりません。

腕が上がるようになるには、肩がしっかり動かなければ腕は上がりません。

腕が上がらず、手だけでスプーンやフォークを持つと、食べ物が口に行く前にこぼれてしまいます。幼い子どもがぽろぽろと食べ物をこぼすのは、このような理由から、体が未発達なので、こぼれてしまうのです。乳幼児の体は未発達なので、まず、しっかり遊び体全体を使い、バランスよく体を作っていくことが大切です。 それは難しいプランを進めるのではなく、お散歩しながら、歩いたり走ったり、坂道を上がったり、下がったり・・・・・

年齢を考え、お箸を持たせようとすると、体全体の筋力がついていない子どもに無理がかかり、

お箸を握って持つようになります。

走ったり、散歩したり、遊具で遊んだり・・、体全体を使うことを大事にし、遊びの中で手や指先を使う経験をたくさんすることが、お箸をしっかり美しく持てるようになるためには、大事なことです。

年少さんはまだあわてずスプーンやフォークがしっかり持てるように気を付けてください。

年中さんは、まだまだ個人差がありますから、お箸を早く持てることを目指さないで下さい。

年長さんは、体がしっかりできていますから、お箸の持ち方には気を配って下さい。食事ができているからいいのではなく、お箸をしっかり持っているか、時々確認をして下さい。 

お箸の持ち方は、一生ついていきますから、ゆっくり、そして、しっかり持てるようにしましょう。

2012年9月13日 9:29 - カテゴリー: ブログ通信
このページのトップへ
帯広みどり学園
〒080-0022
北海道帯広市西12条南30丁目1-2
TEL.0155-48-0586(代表)
FAX.0155-48-0537
【ひまわり幼稚園】
TEL.0155-48-5151
【第二ひまわり幼稚園】
TEL.0155-48-1356
【やまざと幼稚園】
TEL.0155-62-5026
Copyright© 学校法人 帯広みどり学園